2014-09-30 05:38 | カテゴリ:日々の日記
今日は9月30日火曜日で、9月最終日です。
明日から10月で今年2014年も残り3ヶ月になりました。
今年は夏が雨が多くなったし、新しい作業所で働けるようになって、統合失調症などの病気持ちの方とお話もできて、楽しかったこともあれば、耳鳴りと幻聴が我慢できなかったり耐え難かったりしたのでしんどい一年になりそうです。
ピーゼットシーとロナセンを3年くらい前から飲んでますけど、幻聴と耳鳴りなどは相変わらず辛いままです。
昼間は自分の視線が(見ている対象の物や人に)刺さる感覚が治りきってないものかもしれないのがあって仮眠しちゃうし、夜は薬の副作用か何かわからないものによるもので、寝ちゃうんです。

昨日と今日は耳鳴りと幻聴がものすごく辛くて、我慢できない一日でした。
今日の夜中は1時半くらいに夢を見て、その夢を見終えた後に体が勝手に硬直してしまって動けない状態で辛くなりました。
その状態から自分が動いたりすると耳鳴りと幻聴の音声が不快で耐え難くて腹立たしい感じ、呆れた声みたいな感じの音声に切り替わったんです。
すごく辛かったです。
なんだか統合失調症の作為体験かもしれない症状で辛かったです。
体液の音が聞こえると余計に不快さや辛さが増します。
夢を見たから体が硬直したのか、誰かがヤンタローの体を硬直させたのかはわかりません。

さらに頭の中にいろいろな言葉が浮かんできたり、音楽を聴いていたり、幻聴が聞こえたりしていて何かの発音の部分で耳鳴りが重なって不快なことがありました。
それは統合失調症の症状だと頭に浮かんだり聞こえたりしたので、何者かがそれらを駆使して反応してくる感じかもしれません。
感覚的に働きかけてくる感じというHさんがtextreamで回答した文章に近いことがあったかと思います。

textreamにももちろんヤンタローの辛い症状を報告しました。
9月26日金曜日、ドラえもんとクレヨンしんちゃんを見た後にヤンタローはHさんに返信しました。
『こんばんわ。』と挨拶して、質問も複数しました。
1つ目は『頭の中に思い浮かんだことに対して、返事されたということというのが想像つきました。何か問いが頭に浮かぶと答えが返ってくる感じがあったということも経験持ちかどうか知りたくなりました。僕は以前は問いが浮かんで、答えという形が多くて、最近は答えが勝手に浮かんで、それから問いが浮かびます。同じ経験があるのなら、その経験談を詳しく長く書いて下さい。』という質問。

2つ目は『Hさんは耳鳴りの経験もあるかどうか知りたいです。以前聞いたはずで、答えてもらったかどうかもど忘れしてしまいました。』という質問。
3つ目は『ヤンタローが寝起きの時に、頭の中で音楽が流れていたりして、それに合わせて自分が頭で思い浮かべたり歌ったりすると耳鳴りと声の混じったのが腹立たしい感じに聞こえるふうになって不快になったことがありました。最近でもそういうことが起きることに対して、辛い気持ちになります。このことについて「こういうことがあったんですね」と解釈して、経験談があればそれを詳しく聞かせて下さい。それと解釈は受身ではない表現も受身のも解る範囲で良いので書いて欲しいです。』という質問です。

9月26日金曜日の夜、Hさんは『今夜はよくお会いしますね。』とか1つ目の質問に対して『答えが返ってきたこと、ありました。
よくは覚えてないですけど。答えから問いが浮かぶという経験はないです。』と返信してきました。
2つ目の質問に対しては『耳鳴りは全く経験ないです。ヤンタローさん、大変そうですね。早く治るといいですね。』と、3つ目の質問に対しては『歌うと怒られちゃうってことですか?それはいやですね。私は嘲笑はされましたけど怒られた経験はないです。』と返信してきました。
そして最後の文にも『こうして書いてみると、統合失調症ってほんと困った病気ですね。でも治りますからね。大丈夫ですよ。』と返信してきました。

9月28日日曜日、ヤンタローはHさんに返信しました。
『こんにちは。今日は暑いですね。最高気温も30度になって、台風が近くにいるせいかもしれませんね。
そういえば気象予報士のブログで台風16号の副作用で太平洋高気圧を強化させるので、平年より気温が高くなるという記事を見ました。予想通りですね。』とか『歌うと怒られちゃうという感覚と近いと思います。嘲笑されることもあったかもしれませんし、怒った声に切り替わったり、腹立たしい感情の声が聞こえたり、呆れた感情の声が聞こえたりが僕は経験あります。』と最初の文に書き込みしました。

そして1つ目の質問が『Hさんに聞きたいのですが、Hさんはなぜ「こういうことだったんですね」と答えて下さい、と質問したことに対して、受身表現だけしか書かないか、知りたいです。』という質問。
2つ目が『答えが返ってきたという具体例が知りたいです。幻聴が聞こえて答えが返ってきたことは自分は経験ありませんが、勝手に答えが浮かぶということが答えを返しているという近い感覚はあります。犬の声や車の音、バイクの音、自治区放送の音声、テレビに出ている人の声などが聞こえてきて、それらが引き金になって答えが返ってきた経験はあるかどうか知りたいと言ったところです。なるべく詳しく長めの文章で教えて下さい。』という質問。
3つ目は『Hさんは統合失調症の薬を飲んだりし始めて何年くらいで病気が治ったかも知りたいです。』という質問でした。

9月28日日曜日の夜、Hさんはヤンタローに返事を返してきました。
『こんばんは。ほんと暑いですね。』とか1つ目の質問に対して『私自身受身の感覚しかないからですよ。』と返信してきました。
2つ目の質問に関しては『何か疑問に思ったら答えが返ってきました。引き金があって答えが返ってきたと言うよりも、テレビから直接答えが返ってきました。しかも意味のない応答で、言葉は悪いですけどうざいとしか思えませんでした。まあ、幻聴ですから当たり前ですが。』とか3つ目の質問に対しても『年数はですね、よく覚えてないんですよ。いつの間にかって感じですね。今薬を飲み始めて15年くらい経ってると思いますが、かなり良くなっています。うざい幻聴なしで、普通にテレビが楽しめます。ありがたいです。』と返信してきました。
FC2 Management
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-09-28 16:41 | カテゴリ:日々の日記
昨日(9月27日)は産業フェスタに行ってきました。
スタジアムで2日連続で開催されています。
僕はたこ焼きとドーナツも食べたかったのですが、食べたものは焼きそばとサンマとソフトクリームでした。
かき氷が売っているお店もありました。
ソフトクリームはとても美味しかったです。

そして帰りは愛環を使って作業所に戻りました。
駅で喫茶店で働いている利用者さんに出会いました。
喫茶店には卒業のお土産にシュークリームを渡しました。
会えて本当に嬉しかったです。
そして産業フェスタは1時間以上歩きましたので、足が筋肉痛になりました。
でも今は筋肉痛は治まってきています。
足が筋肉痛になることは健康に良いことだとも言います。

今日は夕方運動でスロートレーニングをしようと思ってます。
最近エアロビクスステップをサボり気味です。
エアロビクスステップは種目によってはきつく感じます。
ウォーミングアップやクールダウンのストレッチがうまくできないんですが、エアロビクスステップは大体できてしまいます。
そしてお腹の脂肪がまだとれません。
ちょこちょこ小腹が空いて、食べ過ぎてしまうので、筋肉がつきにくくなっているかもしれません。

textream掲示板ではHさんやTさんという方と遣り取りを始めて1ヶ月が経ちました。
9月23日火曜日にHさんから返信を戴いた後の9月26日金曜日の朝、ヤンタローはHさんに返信メッセージを出しました。
『おはようございます!』と挨拶しましたし、質問を複数しました。
1つ目は『目の焦点って何のことなのか、意味をわかりやすく教えて欲しいです。それと目の焦点と眼球が動くのが幻聴とかが関連した経験はあるかどうか知りたいので、それも教えて下さい。』という質問です。

2つ目は『僕の物は、耳鳴りが不快だったりうるさい時に目の焦点を合わせられたように感じてすぐに元通りになって辛い経験があります。幻聴と耳鳴りがひどくなると眼球や目の焦点が動くんではなく、勝手に停止したりするんです。それを目が釘付けになると言うのは間違ってますよね。でもわかりやすく表現ができないんです。Hさんはヤンタローの書いた内容を「こうだったんですね」と解釈できるのなら、表現して欲しいです。』という質問です。

3つ目は『思考に反応してテレビが話しかけてくるとか、思考をテレビに笑われるというのは、具体的にどういうものか詳しく知りたいです。僕は中学生の時、頭の中で思い浮かぶ機能が働いたかもしれなくて、それが元になって人の笑い声や犬の吠え声などが怒った声や呆れた感じの声に切り替わったことがあったんです。こういうような経験はあるかどうか、再度答えて下さい。』という質問です。

さらにヤンタローは追記で、『‘中学生の時、頭の中で思い浮かぶ機能が働いたかもしれなくて、それが元になって人の笑い声や犬の吠え声などが怒った声や呆れた感じの声に切り替わったことがあった’という文中の『元』というのは『本』が正しいです。きっかけになったとかそういう意味だと思います。間違って書いてしまって申し訳ありません。』とメッセージを出しました。
3つ目の質問内容の訂正です。

ヤンタローが書き込んだら、9月26日金曜日の午後1時半頃返事がHさんから来ました。
『こんにちは。』と来て、1つ目の質問に対して『目で見ようとするところに目を合わせようとする動きのこと、とでも言ったらいいのでしょうか、うまく言えません。その目の動きがおかしくて、焦点がどんどん上にずれていく感じで、不快でした。幻聴とは関連なかったです。だから、薬の副作用かと思ったくらいです。』と答えてきました。

2つ目の質問に対しては『目の動きを止められちゃう感じですかね。』と答えてきました。
そして3つ目の質問に対しては『具体的に思い出せたらいいんですけど、今は私の統合失調症もすっかり良くなって、そんな幻聴もなくなって、そしてこれがまたずいぶん前の幻聴のことですので、思い出せないんですよ。普通に人が会話で話しかけてきたり笑ったり(嘲笑ですけど)する感じでした。私は考えるだけで、声出してませんでしたけどね。声出したら負けですよね、幻聴に対して。ヤンタローさんと全く同じ経験はないですけど、頭の中に思い浮かんだことに対して、怒られたり呆れられたり、または私の場合笑われたり返事されたりしたという点で、共通してるかと思います。』と答えてきました。

そしてヤンタローは9月26日金曜日の夕方、ちょうどドラえもんが始まる約30分前にHさんに返信しました。
『こんばんわ。』と返信して、その時も質問もしました。
1つ目の質問が『普通に人が会話で話しかけてきたり嘲笑したりする感じというのは、例えばAさんをHさんだとするとBさんとCさんが会話している声がHさんイコールAさんにとっては不快な感じ(=嘲笑とか)に聞こえたという感じで合っているかと考えました。そうなのかどうか知りたいです。』という質問。

2つ目の質問が『頭の中に思い浮かんだことに対して、返事されたということですが、返事は何の言葉だったかも知りたいので、覚えている範囲で全部教えて下さい。具体例も書いて欲しいです。』という質問でした。

そしたら9月26日金曜日の夜、クレヨンしんちゃんを見ていた時間帯にHさんは返信してきました。
『こんばんは。』とか1つ目の質問に対して『そういうのもありましたし、BさんとCさんが直接Aさんに話しかけることもありました。』とか2つ目の質問に対しても『「はい、そうです」とかですかね。あとは忘れました。いろんなこと言ってたと思います。』と返信してきました。

ちなみに産業フェスタは外をずっと出歩いていたし、さすがに暑かったです。
帰りは冷たいお茶を沢山飲んだし、かき氷のみぞれ味を家に帰ってきてから食べました。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-09-27 08:05 | カテゴリ:日々の日記
今日は朝方公園の清掃に行ってきましたが、途中で雨に降られました。
今日は産業フェスタに行くんですが、雨に降られないと良いと思います。
そして明日9月28日日曜日は気温が上がりそうです。
名古屋で1ヶ月前の平年の気温である31℃が予想されてます。
明後日にはウェザーマップ発表の予報では32℃まで上がることが予想されています。
台風が近くにいるのであれだけ暑くなるのは不思議なことではないかな、と思います。

facebookの名前の表示を変えて、誕生日とか出身地と在住地を友達公開にしました。
全員公開にすると自分ってことがばれてしまって嫌なので…
一昨日でやめてしまった喫茶店でお世話になった方にメッセージを送ってみました。
返信が楽しみですが、来なかったらどうしよう。
友達リクエストも送りました。

昨日はドラえもんとクレヨンしんちゃんはお休みでミュージックステーションのスペシャルでした。
少ししか見ませんでしたし、夜はパソコンやったり歌ったりして楽しみました。
textreamでは昨日は返事を出したら意外と早く来たこともありました。
「よくお会いしますね」と言われました。
でも昨日はパソコンの時間多すぎたかも、と思ったのですが、「まあいいや」と今思います。

textreamでは、9月23日火曜日の朝ヤンタローはHさんにメッセージを出しました。
『おはようございます。』と挨拶したり、質問もしました。
1つ目の質問などが『‘感覚的に働きかけてくる感じ’という言葉の意味がわかりません。ヤンタローが書いた文中のどこを指すのかも知りたいです。僕の場合は幻聴と関連して“シャンプーをしたのかボディーソープしたのか忘れっぽくなった”ことが起きました。』という質問とかです。

2つ目は『ヤンタローは幻聴と耳鳴りがひどくて、瞼が動いていたり眼球運動の働きが勝手に停止したことがあり、辛く感じました。それは幻聴と耳鳴りがひどかったりして、引き起こされたような感覚だと思います。瞼が動いていたり眼球運動の働きが勝手に停止すると、目が痛くなったように感じたことがありました。さらに午後から幻聴と耳鳴りがひどくなっている時にベッドで目を閉じて横になると瞼がピクピクすることもあります。でもその瞼のピクピクは数時間起きて過ごして寝たらおさまることもあります。そういうのも幻聴と耳鳴りがひどいことが引き金になっている感じだと思います。テレビ画面に視線が行ったりしても瞼が動いていたのが勝手に停止して固まることがあります。以上のことについて「こういうことがあったのですね」と花火さんなりに解釈できるのなら、して下さい。また、こういうような経験談も知りたい気持ちがあります。』という質問です。

1つ目の質問とかに対してHさんは9月23日火曜日の午後、『テレビの音声を強調したり、笑い声と重ねたり、ということですよ。』とか『シャンプー、幻聴と関連してでしたか。私は幻聴と関係なく、よくやります。』と返信してきました。
2つ目の質問に対しては、『目の動きがおかしいんですね。私は薬の副作用だと思ってたんですけど、目の動きがおかしかったことは確かにありました。辛いんですよね。ヤンタローさんのは、幻聴と耳鳴りに引き起こされたものなんですか?私の場合、新薬に替えてから起こったので、副作用だなあ、と思ってたんですが。今は目の動きがおかしい症状は治まっていて、たまに軽く起こるくらいです。だから、症状であるにしろ、薬の副作用であるにしろ、いずれ治まるものだろうと思いますよ。そう、薬を飲んでいれば、大丈夫、いずれ治るんですよ。』と返信が来ました。

9月23日火曜日の夜、ヤンタローは再びHさんにメッセージを出しました。
『こんばんわ。そうですね、瞼がピクピクしたり固まったりしたのが幻聴と耳鳴りに引き起こされたと感じました。』と報告しましたし、質問も複数しました。
1つ目は『目の動きがおかしくなることというのは統合失調症っぽい症状として現れた経験はあったかどうかと、もしあるのならその経験談を詳しく聞かせて下さい。』という質問。
2つ目は『頭の中で音楽を思い浮かべた特定というか、一部の発音の部分や一語一語の発音でテレビの音声などが強調されたり、(誰かが話していて)誰かが笑った場面と重なったこと自体の経験はHさんはあるかどうか知りたい』という質問および『僕は「見るな」という声と耳鳴りが混ざった感じで聞こえたり頭に浮かんだりしていて、一語一語とか「る」とかの発音の部分と重なるようにして耳鳴りが強調されて不快に感じたことがありました。』という内容。
そして3つ目は『Hさんに最後の質問で、Hさん自身統合失調症の作為体験が長く続いたことがあったかどうか知りたい』という質問および『自分や周りを長い年月かけて誰かとかが操作しようとしているという感覚です。 』という内容です。

1つ目の質問に対してHさんは9月23日火曜日の夜、『目の動き、私のは統合失調症とは無関係に感じられて、新薬の副作用かと思ってたんですけど、ヤンタローさんもそういう経験があるのなら、統合失調症の症状なのかもしれませんね。私のは目の焦点とか眼球が動く感じなんですよ。額を抑えてないと落ち着かなくて、かなり不快でした。』と返信してきました。

2つ目の質問に対しては『一部の発音でテレビの音声が強調されたり、笑いと重なったりという経験はないです。私のは、私の思考に反応してテレビが話しかけてくる感じでした。同じように、私の思考をテレビに笑われるという経験をしました。まあ、幻聴ですね。』と返信が来ました。

3つ目の質問に対しては『長い年月をかけて操作される感覚は、経験ないです。』と返信が来て、さらに『ヤンタローさん、統合失調症に負けないで、きっと治して下さいね。』と返信も来ました。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-09-26 15:28 | カテゴリ:日々の日記
昨日(9月25日)は台風16号から変わった温帯低気圧の影響で真夜中に記録的な大雨になりました。
名古屋では一時間に30ミリの猛烈な雨となり、駅内が水浸しになりました。
もちろん今日の新聞にそれが掲載されました。
今日は爽やかな秋晴れですが、日中は暑いくらいです。
台風17号も発生して、来週あたり日本に影響しそうです。
10月に入ると気温が下がっていきそうで、予想最高気温は当地では25℃を少し超える程度になってます。
9panelの天気予報を見ましたが、10月5日日曜日くらいから寒気が流れ込んで、この秋一番の冷え込みになる予報だと想像がつきました。

一昨日の9月24日水曜日は、朝から耳鳴りと幻聴が非常に辛くて、夜には「バッチーン」という幻聴と耳鳴りの辛さがひどくなりました。
ここ最近も今朝もありましたけど、僕は起きている間に(頭にかもしれないが)仮に例えば「午前」「午後」という言葉が思い浮かんだとするとそれが「ごぜん」「ごご」という正しい言い方が先に浮かんで、その後に「ごまえ」「ごあと」と間違った言い方が後で浮かんできます。
もちろん辛いこともあったり、何かの音声(=犬の吠え声や車やバイクの音)が聞こえたことが引き金になって正しい言い方に変換されて辛いこともあります。
さらに寝ている間に記憶が整理されたのか、何者かに記憶を整理させられたように感じたことがあって、朝起きた直後に「午前」という言葉は最初の時に「ごまえ」ではなく、「ごぜん」と浮かんできて、辛く感じました。
もちろん後に「ごまえ」と頭に浮かぶ感覚を自分で抑えることができなく感じたこともありました。
要するに作為体験だと思われる症状があったと言うことかも知れません。

今日も耳鳴りと幻聴が非常に辛くて、視線が刺さるような感覚が完全に治まってないもので辛すぎて寝てしまいました。
途中でトイレに行きたくなったというか、耳鳴りが耐え難い不快な音声だと感じて、イライラして大声をあげてしまいました。
本当に大声をあげるのと視線が刺さる感覚は辛いものです。
視線が刺さる感覚は昔は今よりひどかったです。
自分の視線ですけどね。


textreamでは、遣り取りが続いていて、同一人物と遣り取りが長続きしています。
9月21日日曜日の日にヤンタローはHさんに返信しました。
『こんにちは。』と挨拶と質問を複数しました。
1つ目の質問は『Hさんが仰ることと違う部分があるような気がしました。‘頭で考えたことに対して、何者かが様々な音や声を駆使して反応してくる感じ’という文中の“様々な音や声”というのは頭にいろいろと浮かんだものだったし、幻聴だったり、テレビとかの周りの音声だったりしました。駆使という言葉の意味も教えて下さい。調べた所、「追い立てて使いこなす」と書いてあったけど、まだ解りづらいです。』というものです。

2つ目の質問は、『‘頭に思い浮かんだことに対して、反応が、幻聴ですけど、返ってくるんですよね。’というのとテレビに笑われたというのですけど、「幻聴」って具体的に何かわかりません。実際にしていた音声なのか、実際に聞こえないはずなのが聞こえたものを指すのか、教えて下さい。9月20日土曜日は幻聴と耳鳴りが午後から辛くなりました。9月21日日曜日も辛いほうになっていて、睡眠が多くなってしまいました。「バッチーン」という声ですが、毎日聞こえて欲しくないと思い込んでしまうことがあります。』というものです。

Hさんは9月21日日曜日の夜、『こんばんは。』とか1つ目の質問に対して、『そうですか。違いましたか。駆使はですね、使うってことですよ。』と返信してきました。
2つ目の質問に対しても、『実際に聞こえないはずなのが聞こえたものです。と言っても、私の場合、実際にしていた音声と区別がつきません。』とHさんは返信してきました。
最後の文章にも『幻聴と耳鳴り、大変ですね。聞こえて欲しくないですよね。薬を飲んで、たくさん眠って、早く良くなって下さいね。』と返信してきました。

さらに9月21日日曜日の夜、ヤンタローはTさんにも返事を出しました。
『こんばんわ、ここ数日返事がないです。症状かもしれないものもあって、すごく辛いです。以下の内容に対する返事を下さい。以下の内容について、理解できるかどうかも返信下さい。僕はパソコンを起動してtextreamとかに行くまでの間に例えば「ごみ箱」という文字や「error」という文字が視界に入った途端に「おい」という幻聴がして「あみ箱」とか「e」と書いてあったのが「a」と変換されてすごい辛いです。それらの「あ」とか「a」と変換されたのがメッセージ数が0だったりしてすごい辛いです。Tさんの返信が来てないことだと暗示(?)だろうか、すごい辛いです。Tさん、このことについて思うことありますか?もしあったら返信下さい。返事がなかなか来なくて不安なことがあります。』と書き込みしました。

さらに以前出した『僕が知りたいのは、1つはTさんが(幻聴として)聞こえたことのある命令とか、指図とか大きなお世話的な感じの発言の具体例を覚えている範囲で全て教えて下さい、という質問です。もう1つは、ヤンタローが最近「見るな」という幻聴が自分に言われてないかもしれないけど、聞こえてくるような経験持ちかどうかを知りたいんです。その幻聴がするとあらゆる物を見ることに対して否定口調で言われているということだと思います。こういうのが要請される幻聴であって、同じ経験があるかどうか知りたいということです。「死ね」と聞こえましたよね?そういうことがあったのは解りました。最後に僕は耳鳴りと声が同時に聞こえてものすごく不快で辛くてイライラすることもありますが、同じ経験があるかどうか知りたいと言いました。』というメッセージも出しました。

そしたらTさんは9月22日月曜日の日に、『こんにちは。ヤンタローさん。しばらく来れないかも知れません。が、遠くで、見守っております。症状、通院 何かと大変でしょうけれど頑張って下さいね。』と返信してきました。

Hさんには9月21日日曜日の夜、再び『こんばんわ。』と返信したり、質問も複数しました。
1つ目は『僕の今まで起きたのを正しく言うと、『頭に思い浮かべたり幻聴が聞こえた何かの発音の部分で、何者かが駆使して反応してくる感じ』というのがあったと思います。要するに「漢字 中国の文字」「ウマシカヤロウ」とひとまとまりで頭に浮かんだり、「ある」の「る」とか「見るな」の一語一語で耳鳴りの音声が強調されたりして不快だったりしました。さらに自分の中で起こる病気の症状なのかわからない感覚を食い止められるような感覚や操作しようという感覚もあったかと思います。もちろんテレビの音声も強調されたふうに聞こえたのとタイミングが重なったり、誰かが話していた時に笑い場面と重なった感じもありましたね。どういうことを書いたのか、もう一度解釈して下さい。「こういうことがあったんですね」という感じでです。』という質問です。

2つ目は『9月20日土曜日は幻聴と耳鳴りがして辛い感じがありました。幻聴と耳鳴りが辛いせいで誰かの顔を見るとその顔がぼやけて見えたり、例えばシャンプーで髪を洗った後に「髪をシャンプーかボディーソープどっちで洗ったのかな」というのがわからなくなって忘れっぽくなったことがありました。こういうものが幻聴と耳鳴りが聞こえたのが引き金になった(引き起こされた)感じかと思います。同じような経験あるかどうか知りたいです。』という質問です。

そしたらHさんは9月22日月曜日の朝、『おはようございます。』とか1つ目の質問に対して、『何者かが感覚的に働きかけてくる感じがする、ということですかね。』と返信してきました。
さらに2つ目の質問に対しても『誰かの顔がぼやけたりということはなかったです。シャンプーはですね、幻聴と関係なく「あれ?リンスしたっけ?」とわからなくなることはあります。これは、幻聴と関係なく誰でも経験あるのではないでしょうか。』とか最後の文章にも『幻聴と耳鳴り、辛かったですか。お大事にされて下さいね。ヤンタローさんが早く良くなりますように。』とHさんは返信してきました。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-09-26 07:47 | カテゴリ:日々の日記
9月16日火曜日更新の記事に続く内容です。
この記事には心理相談士Aさんとの遣り取り内容を載せることにします。

ヤンタローは9月18日木曜日に返信を心理相談士Aさんに返しました。
『ご返信有り難うございます!』とか9月17日水曜日が通院日だったとか、『主治医の先生に今まで起きたのを伝えたら、統合失調症というよりも自閉症のほうだと仰いました。』と伝えました。
さらに質問も複数しました。

1つ目は‘友達の悪口を痛くないのに何者かに言わされていると感じた’という症例かもしれないものを心理相談士Aさんが紹介したことに対して『「痛くない」というのは「言いたくない」というのが正しいかと思いました。確認の回答をよろしくお願いします!』と質問した内容です。

2つ目は‘テレビに出ているアナウンサーに自分は操られているという感覚を持ったりする事例があります。’と心理相談士Aさんが回答したことに対し、『その具体的な感覚の例を思い出せる範囲で良いので、回答をして下さい。』と質問した内容です。

3つ目はヤンタローが『最近でもテレビの音声を聞いていると「○○をなおす」などの言葉とかが意思とは関係なく浮かんできます。統合失調症の方から「心の中を読まれている」という感覚を聞きましたが、それに近い(?)感覚が僕もあります。例えば「パソコンを30分に決めて、30分を超えてしまった」時に(「おい」という幻聴が聞こえていたり、テレビの音声を聞いた他、車の音声が聞こえたりしたのが引き金になって)「やり過ぎ」と勝手に浮かんだことがあって、同時に頭のイヤな感じがあってすごく辛いことがありました。自分の意思とは無関係に起きることが、ものすごく辛いです。「やり過ぎ」という言葉が記憶されていて、それがテレビの誰かに漏れている気がしているかもしれなく、テレビのアナウンサーとかのしゃべる声を聞くと「やり過ぎ」と勝手に浮かんでくる感じだと思うんです。こういうような症例を聞いたり読んだことがあるかどうかと、その作り話を教えて下さい。症例を聞いたことがあるなら、同じ症例も聞いたことがあるかどうかも教えて下さると嬉しいです。』という内容を経験したとか、質問した内容です。

1つ目の質問に対して心理相談士Aさんは9月24日水曜日の夜、『「言いたくない」が正しいです。キーボードの打ち間違えです。申し訳ありません。』と回答しました。
2つ目の質問に対して心理相談士Aさんは『「頭の中を気持ち悪い状態にされる」とか「眠れないようにさせられたり、おおごえをださせられたり」するというものです。』と回答しました。
3つ目の質問に対しては、『(症例を聞いたことが)あります。「よそ見をするな」とか「勉強をしろ」というような声が幻聴として聞こえるというものです。頭に直接話しかけられるという感覚の人もいるようですね。それらを聞いて私の感覚としては、まったくその人の考えとは別のことではなく、むしろ当人も考えている(場合によっては無意識な考え、連想)ことが幻聴として聞こえることもあるのかもしれないともおもいます。』と回答しました。
2014-09-23 07:39 | カテゴリ:日々の日記
まずは、昨日(9月22日)更新の記事に続く内容からです。

9月12日金曜日の朝、ヤンタローはIさんに返事を書きました。
『わかりづらくて、申し訳ありません。しかし僕はうまく言葉にできない悩みもあります。』と出したし、『あらゆるものには名前が必ず混じっているし、こびりついていると家族から聞きました。その名前がランダムで浮かび上がったのが、耳鳴りが不快だったり腹立たしい音声だったことが引き金で無理矢理浮かんだ感じだったということです。』とか他にも『“そういう感覚が耳鳴りと混じってくっついているかもしれない何か”というのは耳鳴りと一緒になっているかもしれない何者かのことだと思います。過去に男子校に行って、昔の同級生を「生徒」だと思い、自分で言葉を作ってそれで浮かんだと思います。』と出しました。
さらに質問もしました。
1つ目は『以上のことについて理解できたなら、「こうだったのですね」とわかりやすく表現して下さい。(できれば)』という質問です。
2つ目は『幻聴が激しくなって被害妄想が出るイコール操作されるのの具体例が知りたいですし、9月10日水曜日の夕方Iさんが書いた回答内容の「このような経験が過去にありました」というのの具体例を詳しく知りたいので教えて下さい。』という質問です。

9月12日金曜日の朝した質問に対して、Iさんはヤンタローに返信してきました。
1つ目の質問に対しては『理解できない。』とか、2つ目の質問に対しても『幻聴があり、誰かに常に監視されているという
被害妄想がありました。』と返信してきました。

その後の9月14日日曜日の夜、ヤンタローは『こんばんわ、理解できない箇所を具体的に教えて下さい。』という1つ目の質問および『Iさんに聞きたいことイコール誰かに常に監視されているというのはそう感じたことから被害妄想に結びついたという経験があったということで合っているかどうかも知りたいです。詳しく教えて下さい。』という2つ目の質問をしました。

9月14日日曜日にヤンタローがした2つ目の質問に対してIさんは『幻聴が聞こえて、それが幻聴だと理解できずに他人に常に監視されていると考えるのは被害妄想ですね。』とか1つ目の質問に対しても『ヤンタローさんの文面は、全体的に理解しづらいですね。』と返信してきました。
返事が来たのは9月15日月曜日の朝でした。

Iさんから返信を受けたヤンタローは9月16日火曜日の夜、『こんばんわ。』と挨拶したり、質問もしました。
1つ目は『ヤンタローが昔幻聴が激しくなる数日前に頭の中で高校で知った同級生の人の名前が浮かんだと思います。その後、同級生の人の声がフラッシュバックしたかどうかはわかりませんが、その人っぽい声が聞こえて、それは幻聴だと判断したんです。今でもその幻聴が聞こえてきますが、昔と比べるとだいぶ改善しつつあります。Iさんも同じような経験があったら、それを詳しく教えて欲しいです。』とか『高校は名古屋だったし、男子高校で先生や生徒が大声で怒鳴る学校だったので、ストレスがたまりました。』という質問です。

2つ目は『ヤンタローは中学生の頃、誰かに自分は操作されているふうに感じたことがあったかもしれません。それで自分自身が頭の中で音楽(時にはCDで聞いた曲っぽく)や言葉をいろいろと思い浮かべたりして楽しんでいたのがきっかけになったのか、周りの人の笑い声とか犬の声などほとんどの音声が怒ってないはずなのが怒った声とか呆れた声に聞こえたりがありました。今はあまりそういうことはないんですが、昔はうるさかったと感じてヘッドホンをして過ごしました。全く同じ経験持ちかどうか知りたいですし、そうでなければ同じような経験とか関連した経験があるかどうかも詳しく知りたいです。経験談も知りたいです。』という質問です。

その9月16日火曜日にした質問に対してIさんは9月17日水曜日返事をしてきました。
1つ目の‘その人っぽい声が聞こえて、それは幻聴だと判断したんです。’と書いた部分に対して、『それは、不思議ですね。そんなに簡単に幻聴かどうか、自分で判別できるものでしょうか?ほとんどの人は投薬治療などの効果の後で、幻聴だと判断できるものなんですけどね。私の場合も、投薬治療の効果が出てから、自分で幻聴だったと判断できました。』とか、‘Iさんも同じような経験があったら、’と書いた部分に対しても『同じようなことがありました。いつも、接している人の声が聴こえたり、夜中に、お年寄りや女の人や男や年寄りや様々な人の声が聴こえてきたことがあります。すべて、投薬治療で消えました。』と返信してきました。

2つ目の‘全く同じ経験持ちかどうか知りたいですし’と書いた部分に対しても『他人に操作されている、等という経験はありませんね。』と返信してきました。

次に相手に返信したのは9月22日月曜日の早朝でした。
『おはようございます!他人に常に監視されていると考えただけではなく、他人に常に監視されているふうに感じたことも経験があるかどうか知りたいので、教えて下さい。なるべくなら、文章を長めにしてわかりやすく教えて頂けると嬉しいです。Iさんの悩みを聞くことが興味深くなってきました。』と書き込みしました。
そしたらIさんは‘他人に常に監視されているふうに感じたことも経験があるかどうか知りたい’と書いた部分に対して『あります。』とか‘Iさんの悩みを聞くことが興味深くなってきました。’と書いた部分に対しても『現時点で、悩みは無いです。過去には、散々、悩んできました。』と返信してきました。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-09-22 06:01 | カテゴリ:日々の日記
今朝は2時過ぎにトイレに行って、その後ぐっすり眠れなくて、4時半頃起きてしまいました。
4時半頃起きてトイレに行った後、リビングを足を踏み入れたり廊下を歩いていたら、「5時に起きろ」と勝手に浮かんですごく辛くて不快なことがありました。
さらに「来てない」と答えが勝手に(頭の中でかもしれないのですが)浮かんで、直後に問い「(textream掲示板でヤンタロー当てに)Hさんから返信が来ているのか来てないのか」と自然に浮かぶことがありました。
その時、家の飼い犬の名前も勝手に浮かんで、それとくっついた感じで上記のこと(答えが浮かんで、問いが浮かぶ)が引き起こされているふうに感じたこともありました。
操られているという感じが薄くて、引き起こされているという感覚だと思います。

今朝は4時半頃半袖では寒かったので、起きて長ズボンに着替えました。
家族が長ズボンを用意してくれてません。
今年は寒くなるのが去年より早くなっているように思います。
今の室温は24.2℃ですが、夜中の2時過ぎは25℃ありました。
朝は長袖、日中は半袖で過ごすことがちょうど良い季節で、服装の調節が難しいです。
それに寒暖差も大きくなっています。

今週の半ばに台風16号が来ますが、勢力は弱まった状態らしいです。
25日木曜日から26日金曜日が東海地方に再接近しそうですが、気象庁の現段階での予報を見ると中心気圧がその日は996hPaです。
その後は大陸の気団が入ってきますが、今のところは冷え込みは弱そうです。
だが、予報より気温が下がる可能性も否定できません。

textreamでは、2~3年前に遣り取りしていた人と遣り取りするようになりました。
9月10日水曜日の夕方、ヤンタローは『こんにちは、ご返事をどうもありがとうございます。おかげで気持ちが晴れましたけど、質問したいことがまだまだあります。僕も似たことあったかと思います。』と返信しました。
似たことというのは‘幻聴が激しくなれば、それに伴う被害妄想も増えてきます。操作されている等というのがそれに当たります。あるいは、他人に自分の行動を監視されているという妄想’の部分です。
さらに『ヤンタローが例えばテレビの文字とかを見ると名前が浮かぶことがあります。音声化が頭の中で行われることだと思うんです。それは普通のことだと家族から聞いた覚えがあります。どういうことかというと「痛み」という文字を見ると頭の中で「いたみ」と読み方がパッと浮かぶんです。そういう機能の自由が失われて、あらゆるものとかにくっついていたものか、自分が覚えたものかわからない名前が耳鳴りが不快だと発見されるようなばれるような感じで浮かんで辛いんです。すぐに元に戻ることもあって、操られたような感じかもしれなくて、辛いこともありました。Iさんはこういうような経験もあるんですか?教えて下さい。幻聴が激しくなって被害妄想や操作されるって具体例知りたいと思いました。』と質問もしました。

そしたらIさんはその日の夕方、‘そういう機能の自由が失われて、あらゆるものとかにくっついていたものか、自分が覚えたものかわからない名前が耳鳴りが不快だと発見されるようなばれるような感じで浮かんで辛いんです。すぐに元に戻ることもあって、操られたような感じかもしれなくて、辛いこともありました。’の部分が、なかなか、理解が難しいですが、おそらく、妄想の部分と幻聴の部分が、ごちゃまぜになっているのだと思うと答えました。
さらに『そのような経験は、過去にありました。ただ、症状は人それぞれ、なので、統一するのは難しいかもしれません。』と返信してきました。

さらにヤンタローは9月10日水曜日の夜、『こんばんわ、そのような経験の具体例を詳しく知りたいと言ったところです。』とか『“耳鳴りが不快だったりしたことが引き金になった→あらゆるものにくっついていた(=混じっていたとか、居座っていたという物かな?)ものか、自分が覚えたものか解らない名前が勝手に浮かんで辛かった。”という感覚が耳鳴りと混じってくっついているかもしれない何か(=その人の声みたいなのが聞こえてきたふうに感じたこともあったかもしれない)にばれて見透かされているような感覚というか、操作されているふうに感じたということだと思いますが、理解できましたか?』とか『2つの質問しましたけど、全ての質問に対する返答下さい。』と投稿しました。

そしたらIさんは再び、『ヤンタローさんの文章、わかりにくい。』と返信してきたし、‘そういう感覚が耳鳴りと混じってくっついているかもしれない何か’というのが『問題は、その耳鳴りが幻聴であるのかどうか?だと思います。薬を処方されているなら、それを服用して、まずは落ち着かせる必要性があります。私の場合は、幻聴を投薬治療で、どうにか抑えることに過去、成功しています。』と返信してきました。
【ジャンル】:日記 【テーマ】:日記
コメント(0) | トラックバック(0)